波佐見焼の箸置

ヒラヒラとテーブルの上を舞うように。置くだけで食卓が華やかになる、かわいいユニークな蝶々型の箸置きです。蝶が舞う姿で、箸置きにしては大きくオブジェのように立体的。羽の間にしっかりと箸を固定でき転がり落ちることがないのもポイントです。箸置きとしてはもちろん、テーブルの上にたくさんオブジェのように置いてもオシャレです。

価格:全色 2,420円(税込)
横74mm × 縦53mm × 高46mm

一重梅色の箸置

一重梅(ひとえうめ)色の波佐見焼の蝶々型の箸置。
梅の一重梅(ひとえうめ)色の波佐見焼の蝶々箸置。
梅の花をイメージした、かわいらしくもパキッとしたピンクは、DRESSの10色の食器の中でも特に人気のカラーで、それがひらひらと舞う蝶の姿となると、本当にかわいらしいです。
色ものの食器を使ったことない方も、箸置など小物としてなら取り入れやすいと思います。
テーブルにお花がなくても…、その日作った料理に色味が少なかったとしても…。
ピンクの蝶がテーブルに温かみと華やかさを加えてくれます。
グレーなどモノトーンの食器と合わせると、大人かわいいテーブルコーディネートに。
淡いパープル、グリーン、ブルーなどマカロンカラーでコーディネートすると、歓声があがりそうな可愛らしさです。
美や喜びの象徴とされる、蝶。
女性へのプレゼントとしてもおすすめです。

価格 ¥2420(税込)

白藍色の箸置

白藍(しらあい)色の波佐見焼の蝶々箸置。
藍染の中でも一番淡い色が白藍。
表面がサラッとマットで、涼しげな蝶々箸置。
雨上がりの晴れた朝、スッキリと澄んだ空気と風にのってヒラヒラと舞う蝶のように。
軽やかで爽やかで美しいブルーバタフライです。
何の料理にも合いますが、夏のそうめん、サラダなどと合わせてもオシャレだと思います。
また、ピンク、グレー、パープル、イエローなどさまざまなカラーの皿や箸置きとも相性がいいです。

価格 ¥2420(税込)

黄蘗色の箸置

黄蘗(きはだ)色の波佐見焼の蝶々箸置。
黄蘗(きはだ)とは、ミカン科のキハダの黄色い樹皮の煎汁で染めた明るい黄色のことで、奈良時代にもその名が見られる古い色名です。
あたたかみのあるフルーツのようなイエローで、料理の色と相性がいいです。
青い空をヒラヒラと舞う、黄色のかわいい蝶々。
はっきりとした黄色はテーブルの上での差し色となり、おしゃれなアクセントになります。
1日のはじめの朝ごはん。
こんな色を目にしながら1日をスタートすると元気が湧いてきそう。
おうち定食、お子様のお食事、洋食、カジュアルなランチなど、差し色としてどのようなシーンでも活躍します。
元気と幸せを運んでくれる黄色の蝶は、贈り物にもおすすめです。

価格 ¥2420(税込)

裏柳色の箸置

裏柳(うらやなぎ)色の波佐見焼の蝶々箸置。
柳の葉の裏側の淡い黄緑。
スッキリとした黄緑は、新緑や植物の息吹を感じさせる、初々しさや新鮮さを感じる色。
ピンクの器や箸置きと組み合わせると、花と歯のようで本当にかわいく、結婚祝いなどカップルにもおすすめです。
和食はもちろん、洋食、ランチなど、カジュアルに映える色です。

価格 ¥2420(税込)

忘草色の箸置

忘草色の波佐見焼の箸置

忘草(わすれぐさ)色の波佐見焼の箸置。
眺めているだけで元気になりそうなオレンジの器。柔らかみのあるオレンジなので、料理を合わせやすく、【DRESS】のほかの色ともコーディネートしやすいです。黄蘗色(イエロー)、裏柳色(淡いグリーン)などの器と合わせるとビタミンカラーで元気なイメージ。海松色(深緑)と合わせると、秋〜冬テーブルコーディネートのアクセントとしても使えます。
箸置としてはもちろん、サラダをのせたり、ケーキをのせたり、おかずをのせたりと使い勝手がいいサイズです。
この器の色の名前である「忘草」はユリに似た大きなオレンジ色の花。”花の美しさによって何かを忘れる”ということから名付けられたといわれ「悲しみや憂いを忘れる」とい前向きな花言葉です。確かに目にすると元気になる色です。
《よく合う料理・食材》グリーンサラダ、きゅうり、キウイなどのグリーンの食材。豚の角煮、酢豚など肉料理。グラノーラ、ヨーグルト、フルーツ盛りなど

価格 ¥2420(税込)

紅掛空色の箸置

紅掛空(べにかけそら)色の波佐見焼の蝶々箸置。
昔の人は、青い空に赤い夕日が落ち、空が染まった色を「紅掛空色」と読んだそうです。
そんな自然を感じる、美しく淡いパープル。
優雅にふわりと空を舞うような、紅掛空色の蝶。
紫陽花のような、朝顔のような、お花の色にも見え、食卓に華をプラスしてくれます。
和食との相性が特にいいですが、イタリアン、洋食などあらゆる料理に合います。
紫鳶、グリーン、ピンクなど、パープルや優しいカラーの食器とコーディネートしやすいです。
蝶は幸せや美を運ぶ象徴と言われており、贈り物にもおすすめです。

価格 ¥2420(税込)

水柿色の箸置

水柿(みずがき)色の波佐見焼の蝶々箸置。
とても雰囲気がある「くすみピンク」(水柿色)は、落ち着き感と華やかさの両方を兼ね揃え、さまざまな色のテーブルウェアとコーディネートしやすく、オシャレに見えます。
カジュアルなランチ、女性同士のお食事会など、どんなシーンにでも溶け込み、エレガントさをプラスしてくれます。
ひらひらと舞いながら幸せを運んでくれそうな華やかさ♡
グレー、ブルー、イエローなど、いろんな色とも馴染む使えるカラーです。

価格 ¥2420(税込)

柴色の箸置

柴(ふし)色の波佐見焼の蝶々箸置。
深みがあるグレーのマットな質感は、どんなテーブルコーディネートでも主張しすぎることなく、落ち着いた存在感を放ちます。
赤や紫の箸置きと合わせると、和の雰囲気に。
ピンクやイエローなどの明るい色と合わせると、華やかさの中に洗練した雰囲気をプラスしてくれます。

価格 ¥2420(税込)

紫鳶色の箸置

紫鳶(むらさきとび)色の波佐見焼の蝶々箸置。
料理を艶やかに、色あざやかに引き立ててくれる紫鳶は、箸置きも同じで主張しすぎず主役の皿を引き立て高級感とモダンさをプラスしてくれます。
赤やグレーと組み合わせた和のコーディネートは、本当にスタイリッシュでかっこいいです。
ピンクやブルーなどのパステルカラーと組み合わせると、華やかさに落ち着き感が加わります。
DRESSの10色のどの器とも合う、万能カラーです。
日々のおうちごはんはもちろん、おもてなしの席にも華やかさをプラスしてくれます。

価格 ¥2420(税込)

海松色の箸置

海の中の深い緑色の海藻・海松(みる)色の波佐見焼の蝶々箸置。
深く鮮やかなグリーンは、大地から空に向かってすっと伸びた木に繁る葉のようで、
森林や植物の息吹を感じる、絶妙なグリーンです。
さまざまな料理に合いますが、和食との相性は特にいいです。
ピンクやイエローなどあざやかな色の食器とコーディネートすると、落ち着きをプラスしてくれます。
老若男女問わず使いやすく、贈り物にもおすすめです。

価格 ¥2420

赤紅色の箸置

赤紅(あかべに)色の波佐見焼の蝶々型の赤紅色の箸置。
江戸初期から愛用された伝統的な染色。漆塗りのような、朱にも近い艶やかな赤紅色の箸置は食卓のアクセントになります。

価格 ¥2420(税込)

真白色の箸置

真白(ましろ)色の波佐見焼の蝶々箸置。
DRESSの商品の中では初めての”白”です。
何にも染まらない、純粋なホワイト。
曇りがなくスッキリと明るい空気のような白い蝶は、ヒラヒラと幸福な未来へ導いてくれそう。
花嫁のような清廉なイメージもあり、結婚祝いや引き出物にもおすすめです。

価格 ¥2420(税込)

箸置の12色セット

波佐見焼の箸置12色セット

波佐見焼の箸置12色をまとめ買いできるセットです。
いろんな色があるので、ご家族での食事やホームパーティなど、グループでの食事の席で、自分の器の色が分かるので本当に便利です。
箸置としてはもちろん、パン、ケーキ、おかずなどをのせたりと持っておくと重宝するサイズです。

忘草色(わすれぐさ)、紅掛空色(べにかえけそら)、赤紅色(あかべに)、黄蘗色(きはだ)、柴色(ふし)、水柿色(みずがき)、紫鳶色(むらさきとび)、一重梅色(ひとえうめ)、白藍色(しらあい)、裏柳色(うらやなぎ)、真白色(ましろ)、海松色(みる)

価格 ¥24200(税込)

箸置き以外の型のページへのリンク

赤紅色(赤色)の小皿・豆皿波佐見焼の小皿
白藍色(水色)の波佐見焼の取皿波佐見焼の取り皿
水柿色(くすみピンク色)の大皿波佐見焼の大皿
波佐見焼の小付
黄蘗色(イエロー色)の茶碗波佐見焼の茶碗(飯碗)
紫鳶色(濃い紫色)の小鉢波佐見焼の小鉢
波佐見焼の湯飲み(湯呑み)
波佐見焼の箸置き