コレクション: 水柿色の波佐見焼の食器

水柿(みずがき)とは、うすい灰みの柿色のことです。江戸時代は渋柿とベンガラで染めた柿渋色を「柿」と呼んでいました。水柿の名は水色がかった柿色の意味です。
ピンクっぽい色だけどクールさがあり、さまざまな料理と合いオシャレにしてくれます。