7月のテーブルコーディネート

波佐見焼【DRESS】のブログです。
〜いつもの料理が波佐見焼DRESSの食器をまとって映える料理に〜
DRESSの器を使ったテーブルコーディネートや、料理をアップしていきます。

2020年7月。
待ちに待った夏がきました。
今年はやはりコロナの影響で外出しずらく、夏休みもおうちで過ごされるという方も多いと思いますが・・・
そんなおうち時期が少しでも楽しくなりますように。
食事というのは、毎日3回、年間1095回もとるのです!
その食卓が楽しくなることは、毎日の楽しみが増えることだと思っています。
食卓で季節を感じ、気分や体調によって料理やコーディネートが変わる。
7月にぴったりのテーブルコーディネートや料理を紹介します。

毎日の服を選ぶように。
その日の天気や気分によってお皿を選ぶのも楽しいものです。
波佐見焼DRESSの器は、日本の豊かな自然の中で育まれた伝統色10色、6型。全60種類あります。
その10色は、コーディネートしやすく作っているので、たとえば10色の中からいろんな色を選びテーブルに並べたとしても、不思議と馴染みます。
イエローとブルーの夏空みたいなコーディネート・・
グレーと紫と赤の和なコーディネート・・・
どの色を選ぶかで、がらりと食卓の雰囲気が変わるのがDRESSの楽しいところだと思います。
ファミリー、カップル、一人暮らし。
家族の数だけ、さまざまな食卓があり、選ぶ色によってさまざまな表情を見せます。

7月。
今月は、夏らしいコーディネートが多くなったような気がします。

●7月3日● 一人暮らしの充実おうちごはん。

10年福岡で働いていたけど、突然転勤で大阪に引っ越すことになった。
縁もゆかりもない土地。
寂しがる私に、友人が「引っ越し祝いに」と贈り物を送ってくれた。
大好きなピンクのお皿が6型。
茶碗、スープ、サラダ、ワンプレート、パスタ、カレー、ケーキ、小鉢料理、小皿として。
この6型さえあれば一人暮らしの生活、一通りなんでも使える。
色は水柿色(みずかきいろ)という、くすみピンク。
大人っぽくかわいい色。
今までピンクの皿なんか使ったことなかったけど、これ、万能かもしれない。
とても雰囲気ある色で、スイーツからおかずまでさまざまな料理に合います。
夏だから、ブルーのトレーにこの皿を置いて、定食なんかをくすみピンク一色で統一してもオシャレだろうな〜😌

***********
DRESSの水柿色の皿。
色がついた皿をあまり使ったことがない方も取り入れやすいピンクかもしれません。
いつもの料理が垢抜けたオシャレなかんじになります。また、Dressのほかの9色ともコーディネートしやすい色です。

●7月4日● 突然の訪問客。

「今から行っていい?」
夜、友達が突然遊びにくることになった。
近くの居酒屋さんが閉まってるから、うちでごはん食べようか。
とはいえ料理は何も用意していないから、近所のスーパーで買ってきた惣菜、家にあった作りおきをお皿にのせて、#おうち居酒屋 🍻 風。
小皿•子付けのいろんな色をたくさん。
難しいこと抜きにして、1皿に1品、ちょこちょこのせていく。盛り付け時間10分で完成。
友達が「ワー、お店みたい」って喜んでくれた。
いろんな色の小皿や子付けにちょこちょこのせると…晩酌が楽しくなる、会話がはずむ😌🍶🍺

●7月5日● 朝ごはん・朝ちゃわん。


お茶碗10色セットをご購入されたお客様。
「5人家族なのにどうして10色セットなのですか?」
と聞くと、
「毎日それぞれ好きな色を選ぶんですよ」とのこと。
なるほど!
お客様はカラーの資格を持っており、色マニアだそう。
好きな音楽を聞いて気分があがるように、1日のはじめに好きな色を目にすると気分があがる。
大好きなカラーだったり、その日の気分だったり、今日のラッキーカラーだったり、
家族で色を選んでいく。

それは、朝ごはんの時間が楽しくなりそうですね^^!

ぜんぶ同じ色よりも、色違いで家族でお揃い。
いろんな色の茶碗がテーブルに並んでいたら、かわいいと思う。

*****************

こちらの茶碗、フチが少し沿っていて、茶碗からのぞくごはんや料理を美しく見せてくれます。
手にしっくりなじむサイズ感もご好評いただいています。

●7月6日● かんたん家おやつをのせてみた。


気づいたら15時。
家でデスクワークをしてたら…突然甘いものが食べたくなった。。
スイーツ欲が止まらない。
家にあったパンケーキのモト使ってワッフルを焼いた🧇
大好きな色・一重梅色(ひとえうめいろ・ピンク)にのせて、オリーブグリーンの麻のランチョンにのせると、
フツーのワッフルも、なんだかオシャレっぽく見えるかも?
コーヒーのみながらモグモグ☺️
仕事の合間のおやつタイムが、ちょっと楽しくなった☕️

●7月8日● 植物みたいなグリーン&グリーン


同系色の器でテーブルコーディネートをするのもオシャレ。
植物みたいな2色のグリーン。
同系色なのでテーブルに並べたときの統一感、そして緑2色という新鮮さがあります。
とくに、深いグリーンは料理が映える色。
和食はもちろんですが、カレー、赤や紫の食材、アジアン料理なんかもすごくオシャレだと思います😌
海松色(みるいろ・マットグリーン)
裏柳色(うらやなぎいろ・淡いグリーン)

●7月9日● 夕暮れの空の色の器


スーパーに茄子がたくさん並んでいた。
夏だから、茄子料理でも作ろう。
茄子と鶏むね肉をさっと揚げて、出汁に浸し、大葉の千切りをのせた、夏の揚げ浸し。

器は「紅掛空色(べにかけそらいろ)」という色。
夕暮れ、青い空に夕日が落ちて、少し赤く染まった空の色を見て、昔の人は「紅掛空」と言ったそうです。
淡く品良く美しい色。
紅掛空の薄紫に、茄子の紫が鮮やかに映える😌

●7月11日● 大人かわいいくすみカラーでテーブルコーディネート


人気のくすみカラー4色。
この4色が揃うと、大人かわいい♡
たとえば4人の食卓で。

まちまちなカラーでデーブルコーディネートするのもおしゃれ。
料理を美味しく見せる紫鳶色(むらさきとび)
テーブルコーディネートに馴染む柴色(ふしいろ・マットグレー)。
オシャレな水柿色(みずがきいろ・くすみピンク)。
テーブルが華やぐ一重梅色(ひとえうめいろ・ピンク)。

●7月12日● 夏の日のおうちごはん

夏野菜たっぷりのおうちごはん。
混ぜるだけでさっとできる冷や汁は、冥加、胡瓜、甘酒入り。
いくらでも入りそう。
そして、とうもろこしご飯。
あとは漬物に煮物に…カンタンだけど、こんなご飯が夏はごちそう😌
いろんな色の器にのせて、夏のおうち定食完成。
冷や汁は白藍(しらあい・マットなソーダブルー)が涼しげで、ハマッた!

●7月14日● 器に花を生ける。


いつも料理をのせている、お気に入りの紅掛空色(べにかけそらいろ・淡いパープル)の小鉢。
繊細で本当に美しい色。
昔の人は、青い空に赤い夕陽が落ちて、混ざり合った色のことを紅掛空色と呼んだそうです。
とても品がよい色で、和食、スイーツなど、さまざまな料理にあうけど、花器として使ってもオシャレ。
ピンク、パープルなど、同系色の組み合わせがシンプルな部屋にとてもよく映えた。

●7月16日● 食卓から海外トリップ。


夏休みのある日。
昨年ベトナムに遊びにいったのを思い出して、旅行のときに食べた料理を再現してみた。
アジアン料理には、海松色(みるいろ・マットな深緑)白藍(しらあい・マットなソーダブルー)が合うかな?
野菜をライスペーパーにまいて生春巻き。
エビやもやしを炒めて、ベトナム風お好み焼きのバインセオ。
パクチー、ライムに、スイートチリソースを添えて。
アジアが和食器にハマってなんとも新鮮。
コロナで旅行に行きにくい時期だからこそ、料理で海外トリップするのも楽しいかな😌

●7月18日● 柳の裏。

柳の裏の色を、裏柳色(うらやなぎいろ)と呼ぶ。
今の季節にちょうどいい、爽やかなグリーン。
和の伝統色だけど、アメリカのアンティークガラス皿のような雰囲気もあり、オリーブグリーンみたいでもあり・・。
いろんな料理がハマる懐の深い色。
上のせる料理は‥?
スープ、パン、ハンバーガー。
以外と、バインミーやフォーなどのアジアン料理や、カレーなどのインド料理も不思議とハマる!

●7月19日● 夏野菜でホームパーティ

家族でホームパーティ。
夏野菜を焼いて、スペアリブはスパイスやハーブでグリル。
あとはサラダなど生野菜をた〜っぷり。
大皿にどんどんのせて、テーブルにならべると…。
ちょっとホムパっぽくなった?☺️
お皿は、柴色(ふしいろ・マットグレー)紫鳶(むらさきとび・紫)水柿色(みずかきいろ・くすみピンク)。
この3色があれば、とりあえず大人っぽく垢抜けたコーディネートになるという、本当に使える色。
グリーンのクロスを敷いて、植物はあえてグリーンだけ😌

●7月21日● ビタミンカラーのテーブルコーディネート

ひまわり、バナナ、パイナップル!
夏はイエローのがよく似合う。
黄色のお花と一緒にコーディネート。
黄蘗色(きはだいろ)と裏柳色(うらやなぎいろ)の皿をチョイスしてみた。
今の季節にちょうどいい、元気がでそうなビタミンカラー。
上にのせる料理は‥?
サラダ、スープ、とうもろこしご飯とか。
意外と何をのせてもハマる☝️
楽しい妄想時間。

●7月23日● 夏パスタをシックに盛り付ける。

トマトが美味しい季節。
夏のトマトパスタにマットグレー皿を合わせてみた。
トマトと大葉ジェノベーゼの冷製パスタ。
熟したトマトはオリーブオイル、レモン、はちみつ、ニンニク少々をトロ〜となるまでよく混ぜて乳化させる。
ジェノベーゼは旬の大葉をたっぷり使って作った。
この2種類のソースを一緒にかけるのと本当に美味しい😌

器は「柴色」(ふしいろ・マットグレー)。
サラッとした控えめな質感と深みのあるカラーで、料理の色を最も引き立てるキャンパス的存在。
トマトのカラーが美しい。
鮮やかな食材をのせると、特に映えます。

●7月24日● ジャングルの中の極彩色。

ピンクにグリーンのテーブルクロスを合わせる。
かわいいイメージのピンクだけど、鮮やかで深い、植物のようなグリーンにあわせると、個性的になる。
まるで、ジャングルの中の極彩色の鳥🦜みたいな。
カラーは、一重梅(ひとえうめ・ピンク)。
合わせるテーブルクロスなど、組み合わせでさまざまな雰囲気になり、コーディネートが楽しい色。
ベーシックな色の皿に、ひとつだけこの皿を合わせてもアクセントになる。
料理は…フルーツ、サンドイッチ 、サラダ、パスタ、パン。
ぱきっとしたピンクなので意外といろいろ合います。
テーブルが楽しくなる😌

●7月27日● 梅雨明けまでもうすぐ。

今年は本当によく雨が降る。
でも、もうそろそろ梅雨明けかな?
雨あがった後の空の虹をイメージして🌈 7色。
片手で持てる大きさの小付は、いろんな色をたくさんテーブルに並べるのがカワイイ。
小さいけどたくさん入る、使い勝手のいいサイズ。
重ねてテーブルにおいて取皿に。
おかずを入れてもいいし、深さもあるから汁気のあるものも。
大皿に重ねてワンプレートとしてスープなんか入れてもいいかも☝️
眺めると楽しくなるレインボーカラー。
早く、梅雨が明けますように・・・。

●7月29日● 九州のソウルフード。

九州人はだいたい知っている。
夏になると、コンビニにもスーパーにもだいたいおいてあるやつ。
いちご袋かき氷!
いろとりどりの小付けに入れたら、なんだか懐かしくてカワイイ。
福岡出身の私は、スーパーにもコンビニにもあるこれが、夏の定番だったので、この袋かき氷が全国区でないことを知った時ショックをうけた(笑)
だいたい一袋60〜70円くらいでフツーに売られているローカルカキ氷なんです。
そのまま食べてもいいけど、牛乳をかけてイチゴみるくみたいにして食べるのもお気に入り。

袋かき氷じゃなくても、普通のかき氷、アイスの実🍨とか、プリンやゼリーなどをちょこちょこ盛り付けてもいいかんじ。
1色で統一するものいいけど、あえていろんな色の小付に入れてテーブルに並べるのがかわいくておすすめです😌