斧折樺の箸(輪島塗・金色)

hashigold
hashigold
hashigold
hashigold
hashigold
hashigold
商品番号:hashigold

斧折樺の箸(金色)

¥2,750(税込)
数量

日本一堅いと言われる「斧折樺(オノオレカンバ)」を使い、伝統的な輪島塗の製法で作った金の箸です。

「輪島塗」は石川県の輪島市で作られる高級漆器。
その歴史は平安時代まで遡ると言われる、日本の伝統工芸品です。
厳選した木地に、職人が一つひとつ天然の漆を塗っていった高品質の輪島塗。
日本の歴史ある伝統工芸品を箸として、たくさんの方の食卓で楽しんでいただけるように【DRESS】ならではの形、カラーで彩りました。

箸の素材は斧折樺。


斧折樺(オノオレカンバ)。
“斧”が“折”れるほど丈夫ということから名づけられた、日本一堅いといわれる木。
自然林の中でも数が少なく貴重な斧折樺。
その硬さの理由は年輪にあり、年輪が1ミリ成長するのに3年もかかると言われています。
堅さと耐久性から、楽器やそろばんなどに用いられ「心が折れない」「絆が折れない」などお祝いに用いられることも多いです。また「金のなる木」とも言われ印鑑などにも重宝されてきました。


その日本一強くて丈夫な木を、輪島塗の箸としてDRESSならではのデザインで仕上げました。
小さな料理もつかみやすい細めのサイズに削り、箸の半分は木の風合いを活かし、半分に金色を塗りました。
斧折樺の木目と品よく光るゴールドのコントラストが効いた、とても美しい箸に仕上がりました。

形は手に持った時に美しく見えるように、箸は細身でシンプルなデザイン。
持ち手は丸みをおびた四角なので、箸が転がりにくく、面になっているため箸を持つたびに金色の部分が品よく光ります。

金というとゴージャスなイメージではありますが、木と組み合わせたモダンさもあるデザインなので、日常の食卓によくなじみ、置くだけでテーブルに華やかさをプラスしてくれます。

DRESSの器や箸置ともとても相性がいいです。
紫鳶の箸置と組み合わせると、和のスタイリッシュな印象に。

ピンクと合わせてもオシャレ。写真はDRESSの一重梅色の蝶の箸置。

密度の高い丈夫な木なので、大切にお使いいただくと長年楽しめるのも魅力です。

銀色もありますので、結婚祝いなど2膳セットの贈り物としてもおすすめです。

輪島塗の箸

“日本一強く、折れない”斧折樺の箸に、「絆が折れない」「心が折れない」「強く長く」という意味を込めて、ご自分用に、お祝いなどの贈り物に本当におすすめです。

サイズ

長さ24cm

ご注意事項

食洗器非対応

食洗器非対応です。

領収書対応

領収書発行可能です。購入画面は、「カート」→「お客様情報」→「発送・支払方法」→「内容確認」の順にページが進んでいきますが、この「お客様情報」ページに、『領収書宛名(必要な方のみ)』という欄がありますので、必ずこの欄に領収書の宛名を記載ください。

箸製品について

銀色は照明や光の当たり具合、またお客様個人個人の目の機能の違い等によって薄い金色に見えることがあります。また、手作りのため、製作の過程において、形や大きさ、色味が微妙に異なることがあります。作品の個性としてお楽しみいただき、ご了承の上、購入ください。