波佐見焼の大皿

パスタもパンもハンバーグも、ワンプレート盛りにも使えます。 和食器なので深さがあり、カレーなどの水分が多い料理にも、おすすめです。
大きすぎないので、盛り付けが見栄えよくきまります。
ホームパーティなどではいろんな色の大皿を並べるとテーブルが華やかになります。

価格:全色 3,300円(税込)
直径: 約215mm 高さ: 約34mm 重さ:約426g

一重梅色の大皿

一重梅色(ピンク色)の大皿

一重梅(ひとえうめ)色の波佐見焼の大皿。
梅の花をイメージしたピンク。あまり無い色の磁器。何を載せても可愛くなります。フレンチトーストをのせてみました。はちみつとレモンがアクセントのフレンチトースト。ピンクとイエローがポップでちょっと気の利いたデザートプレートができました。
《よく合う料理・食材》パン、ケーキ、グリーンサラダ、アボカド、きのこのパスタ、チョコレート系、キャラメルポップコーン、サンドイッチ、ジェノベーゼパスタ、目玉焼きなど。

価格

¥3300(税込)

白藍色の大皿

白藍色(水色)の大皿

白藍(しらあい)色の波佐見焼の大皿。
藍染の中でも一番淡い色が白藍。表面がマットで上品でクールなお皿です。このブルーは、ほどよい色味なので、白いお皿のように料理に馴染みます。パステルカラーなので、明太子パスタやピンクの食材をのせるのと可愛らしくなります。
《よく合う料理・食材》ナポリタンスパゲッティ、カルボナーラ、にんじんシリシリ、カレー、トースト、いちご、トマト、ショートケーキ、チョコレート、グリーンサラダ、ピザなど

価格

¥3300(税込)

黄蘗色の大皿

黄蘗色(イエロー色)の大皿

黄蘗(きはだ)色の波佐見焼の大皿。
黄蘗(きはだ)とは、ミカン科のキハダの黄色い樹皮の煎汁で染めた明るい黄色のことで、奈良時代にもその名が見られる古い色名です。お皿としてはちょっと珍しい黄色の皿。あたたかみのあるイエローなので、料理を美味しそうに見せてくれます。明るい色だけど煮物などの和食を盛ると品良く。あえてイエローにオレンジとかの明るい色を組みあわせてもインパクトある。キャロットラペをのせて。
《よく合う料理・食材》ウィンナー、ベーコン、グリーンサラダ、トマト、ピーマン、きのこ、サンドイッチ、ハンバーガー、ジェノベーゼパスタ、お好み焼きなど

価格

¥3300(税込)

裏柳色の大皿

裏柳色(黄緑色)の大皿

裏柳(うらやなぎ)色の波佐見焼の大皿。
柳の葉の裏側の淡い黄緑。日本の伝統色でクリーミーな可愛らしい色。カレー、ピクルス、パクチーなど、色とりどりの食材に合います。この皿にカレーを盛り付けるとコントラストが良いです。
《よく合う料理・食材》フルーツ盛り合わせ、オレンジ、パン、ナポリタンスパゲッティ、焼きそば、チョコレートなど

価格

¥3300(税込)

忘草色の大皿

忘草色の波佐見焼の大皿

忘草(わすれぐさ)色の波佐見焼の大皿。
眺めているだけで元気になりそうなオレンジの器。柔らかみのあるオレンジなので、料理を合わせやすく、【DRESS】のほかの色ともコーディネートしやすいです。黄蘗色(イエロー)、裏柳色(淡いグリーン)などの器と合わせるとビタミンカラーで元気なイメージ。海松色(深緑)と合わせると、秋〜冬テーブルコーディネートのアクセントとしても使えます。
大皿といえども小ぶりで少し深さもあるので、汁気がある料理にも使いやすく、カレーに、パスタに、サラダに、ワンプレートにと便利なサイズです。
この器の色の名前である「忘草」はユリに似た大きなオレンジ色の花。”花の美しさによって何かを忘れる”ということから名付けられたといわれ「悲しみや憂いを忘れる」とい前向きな花言葉です。確かに目にすると元気になる色です。
《よく合う料理・食材》グリーンサラダ、きゅうり、キウイなどのグリーンの食材。豚の角煮、酢豚など肉料理。グラノーラ、ヨーグルト、フルーツ盛りなど

価格

¥3300(税込)

紅掛空色の大皿

紅掛空色(薄紫色)の大皿

紅掛空(べにかけそら)色の波佐見焼の大皿。
青い空に赤い夕日が落ちた「紅掛空色」。この美しく淡いパープルの大皿は、何をのせても上品に見せてくれます。キウイをスライスし、レモン汁、オリーブオイル、塩、隠し味にはちみつを混ぜてカルパッチョに。簡単でかわいくて気の利いた一皿になります。
《よく合う料理・食材》茄子、赤カブ、マスカット、紫キャベツのマリネ、ピーマン、レタスチャーハン、パプリカ、おくら、緑の野菜が入ったパスタなど。

価格

¥3300(税込)

水柿色の大皿

水柿色(くすみピンク色)の大皿

水柿(みずがき)色の波佐見焼の大皿。
くすみピンク(水柿色)は、ピンクだけどクールさがあり、さまざまな料理と合いオシャレにしてくれます。ホットケーキミックスにココアパウダーを入れてチョコパンケーキに。クリーム、ピスタチオ、イチゴジャムなど。甘々な組みあわせも、クールに見せてくれます。
《よく合う料理・食材》肉料理、アスパラ、ジェノベーゼパスタ、いちじく、きのこのパスタ、さつまいも料理、キャベツ、スイーツ、パン、紫キャベツなど

価格

¥3300(税込)

柴色の大皿

柴色(グレー色)の大皿

柴色(ふしいろ)の波佐見焼の大皿。
深みがあるグレーで表面がマットな質感です。「まずはコレ」と1皿めにこの皿を選ばれるお客様が多いです。色んなテーブルコーディネートにも馴染み、料理をツヤツヤと美しく見せてくれます。いつも使っている白い器をこの皿に変えると料理が別物になります。普通のサラダもグリーンが美しく、写真写りが良くなります。赤い食材を少しだけアクセントに使うとさらに映えます。
《よく合う料理・食材》トマト、パプリカ、カレー、ステーキ、紫たまねぎ、ドライフルーツ、いちご系デザート、ドラゴンフルーツ、かぼちゃ、にんじん、カルボナーラ、ピザなど。

価格

¥3300(税込)

紫鳶色の大皿

紫鳶色(濃い紫色)の大皿

紫鳶(むらさきとび)色の波佐見焼の大皿。
料理を美味しく見せてくれる品がある。この紫鳶の小鉢は1つあると使えます。紫と黄色は好きな組み合わせ。映えるし、高級感がでます。
《よく合う料理・食材》にんじんしりしり、生姜焼き、トンカツ、オムレツ、ブルーベリータルト、かぼちゃ、焼き野菜盛り、野菜いためなど

価格

¥3300(税込)

海松色の大皿

海松色(濃い緑色)の大皿

海松(みる)色の波佐見焼の大皿。
海の中の深い黄緑の海藻で海松(みる)の色の皿。渋すぎず鮮やかな緑なので、料理の色をはっきりと美しくひきたててくれます。おにぎりとつけものをのせると食欲そそるワンプレート朝ごはんの完成です。
《よく合う料理・食材》トマト系パスタ、かぼちゃのパスタ、カレー、オレンジ、かぼちゃ、柴漬けチャーハン、チャーハン、野菜いため、お好み焼きなど

価格

¥3300

赤紅色の大皿

赤紅色(赤色)の大皿

赤紅(あかべに)色の波佐見焼の大皿。
江戸初期から愛用された伝統的な染色が赤紅です。漆塗りのような、朱にも近い艶やかな赤紅は存在感ありの食卓のアクセントになります。和食はもちろんだけど、洋食などグリーンの食材もよく映えます。アボカドとエビのパスタをのせるとコントラストの効いた一皿に。お祝い料理にもおすすめです。
《よく合う料理・食材》グリーンサラダ、おせち、おにぎり、ホットドッグ、ハンバーガー、お子様ランチ系、イカスミパスタ、和の惣菜ちょこちょこのせ、ピーマンの肉詰めなど

価格

¥3300(税込)

大皿の11色セット

波佐見焼の大皿11色セット

波佐見焼の大皿11色をまとめ買いできるセットです。
いろんな色があるので、ご家族での食事やホームパーティなど、グループでの食事の席で、自分の器の色が分かるので本当に便利です。
また、大皿料理をテーブルに並べる時も、いろんな色があるとおしゃれです。
深さもあるので、汁気のあるカレーやパスタ、煮物、また、サラダやワンプレートごはんにも使える便利なサイズです。

価格

¥36300(税込)