波佐見焼の小鉢

「気づいたらこればかり使っていた」というくらい使用頻度が高くなる形です。手に馴染むサイズ感で、たっぷり入ります。サラダもスープも汁物もおかずもデザートも、ごはんものにも使えます。縁が少しそっているデザインで、さっと料理を入れると、盛り付けが美しく見えます。いろんな色をテーブルに並べると、おしゃれです。

価格:全色 2,200円(税込)
直径: 約150mm 高さ: 約51mm 重さ:約185g

一重梅色の小鉢

一重梅色(ピンク色)の小鉢

一重梅(ひとえうめ)色の波佐見焼の小鉢。
梅の花をイメージしたピンク。パキッとした色なので、何をのせても目をひく一皿になります。プリンにサクランボとホイップをのせただけ。懐かしい雰囲気で、本当にかわいらしい。
《よく合う料理・食材》グラノーラ、ヨーグルト、ポップコーン、グリーンサラダ、アボカド、そぼろごはん、チョコレートムース、ヴィシソワーズ、コーンサラダ、肉じゃがなど

価格 ¥2200(税込)

白藍色の小鉢

白藍色(水色)の小鉢

白藍(しらあい)色の波佐見焼の小鉢。
藍染の中でも一番淡い色が白藍。表面がサラッとマットで、涼しげな皿。料理を品よく見せてくれる優秀な皿です。
《よく合う料理・食材》そうめん、レモン、キャロットラペ、グリーンサラダ、カキ氷、いちご、トマト、わらび餅、アイスクリーム、コーンスープなど

価格 ¥2200(税込)

黄蘗色の小鉢

黄蘗色(イエロー色)の小鉢

黄蘗(きはだ)色の波佐見焼の小鉢。
黄蘗(きはだ)とは、ミカン科のキハダの黄色い樹皮の煎汁で染めた明るい黄色のことで、奈良時代にもその名が見られる古い色名です。 あたたかみのあるイエローなので、料理を美味しそうに見せてくれます。明るい色だけど煮物などの和食を盛ると品良く。あえてイエローにオレンジとかの明るい色を組みあわせてもインパクトある。キャロットラペをのせて。
《よく合う料理・食材》ひじきの煮物、お浸し、巨峰、梨、肉じゃが、豚肉の角煮、グリーンサラダ、ピーマン、ヨーグルト、きのこ、いちごのかき氷など

価格 ¥2200(税込)

裏柳色の小鉢

裏柳色(黄緑色)の小鉢

裏柳(うらやなぎ)色の波佐見焼の小鉢。
柳の葉の裏側の淡い黄緑。爽やかでクリーミーな黄緑の小鉢は綺麗です。ナンプラーとレモンで味付けした春雨サラダをのせました。
《よく合う料理・食材》いちご、豆腐、トマト、パイナップル、にんじん、紫キャベツ、マカロニサラダ、ポテトサラダ、オレンジなど

価格 ¥2200(税込)

忘草色の小鉢

忘草色の波佐見焼の小鉢

忘草(わすれぐさ)色の波佐見焼の小鉢。
眺めているだけで元気になりそうなオレンジの器。柔らかみのあるオレンジなので、料理を合わせやすく、【DRESS】のほかの色ともコーディネートしやすいです。黄蘗色(イエロー)、裏柳色(淡いグリーン)などの器と合わせるとビタミンカラーで元気なイメージ。海松色(深緑)と合わせると、秋〜冬テーブルコーディネートのアクセントとしても使えます。
小鉢といえど大きめで、サラダに、汁物の取り皿に、ごはんにと使い勝手がよく便利なサイズです。
この器の色の名前である「忘草」はユリに似た大きなオレンジ色の花。”花の美しさによって何かを忘れる”ということから名付けられたといわれ「悲しみや憂いを忘れる」とい前向きな花言葉です。確かに目にすると元気になる色です。
《よく合う料理・食材》グリーンサラダ、きゅうり、キウイなどのグリーンの食材。豚の角煮、酢豚など肉料理。グラノーラ、ヨーグルト、フルーツ盛りなど

価格 ¥2200(税込)

紅掛空色の小鉢

紅掛空色(薄紫色)の小鉢

紅掛空(べにかけそら)色の波佐見焼の小鉢。
青い空に赤い夕日が落ちた「紅掛空色」。この美しく淡いパープルの小鉢は、なんの料理をのせても上品に見せてくれます。茄子とシシトウの焼き浸し。茄子は甘くなるまでよく焼いて皮を向いて出汁にひたします。この皿にのせるとシンプルな料理がごちそうになる。
《よく合う料理・食材》茄子、赤カブ、マスカット、紫キャベツのマリネ、ピーマン、豆腐、パプリカ、おくら、肉じゃがなど

価格 ¥2200(税込)

水柿色の小鉢

水柿色(くすみピンク色)の小鉢

水柿(みずがき)色の波佐見焼の小鉢。
くすみピンク(水柿色)は、料理やテーブルウェアとコーディネートしやすくオシャレになります。ノーラを入れてミルクをかけたら、かわいい。
《よく合う料理・食材》さつまいも、アスパラガス、えだまめ、ヴィシソワーズ、いちじく、煮物、サラダ、紫キャベツ、栗ごはんなど

価格 ¥2200(税込)

柴色の小鉢

柴色(グレー色)の小鉢

柴(ふし)色の波佐見焼の小鉢。
深みがあるグレーのマットな質感。料理をツヤツヤと美しく見せてくれます。大きさがちょうど良くて、テーブルコーディネートにも合う皿。肉じゃがもテリテリに見せてくれます。
《よく合う料理・食材》トマト、パプリカ、紫たまねぎ、ドライフルーツ、いちご、キウイフルーツ、ドラゴンフルーツ、かぼちゃ、ステーキ、にんじん

価格 ¥2200(税込)

紫鳶色の小鉢

紫鳶色(濃い紫色)の小鉢

紫鳶(むらさきとび)色の波佐見焼の小鉢。
ツヤっとしていて、料理を美味しそうに見せてくれる品がある。この紫鳶の小鉢は1つあると色んな料理を盛るのに使えます。コーンポタージュを入れただけ。紫と黄色の組み合わせは、高級感が出ます。中華料理との相性もいいです。
《よく合う料理・食材》かぼちゃの煮物、豆腐、にんじん、麻婆豆腐、赤ピーマン、とうもろこしなど

価格 ¥2200(税込)

海松色の小鉢

海松色(濃い緑色)の小鉢

海松(みる)色の波佐見焼の小鉢。
海の中の深い黄緑の海藻・海松(みる)。深くて鮮やかな緑は、料理の色をはっきりと美しくひきたててくれます。和食によく合う色味だし、イタリアンや洋風なものもしっくりくるんです。ズッキーニをスライスしてマリネに。緑と黄のコントラストが美しい。
《よく合う料理・食材》煮物、れんこんきんぴら、にんじんしりしり、かぼちゃの煮物、カレー、うどん、ポテトサラダ、パンプキンポタージュなど

価格 ¥2200

赤紅色の小鉢

赤紅色(赤色)の小鉢

赤紅(あかべに)色の波佐見焼の小鉢。
江戸初期から愛用された伝統的な染色。漆塗りのような、朱にも近い艶やかな赤紅色の皿は食卓のアクセントになります。和食はもちろんだけど、サラダを入れてもオシャレ。レタス、アボカド、スナップえんどうに、ゆで卵をパラパラかけてミモザサラダにしました。
《よく合う料理・食材》あんかけ豆腐、アボカド、きんぴらごぼう、おから、おでん、ひじきの煮物など

価格 ¥2200(税込)

小鉢の11色セット

波佐見焼の小鉢11色セット

波佐見焼の小鉢11色をまとめ買いできるセットです。
いろんな色があるので、ご家族での食事やホームパーティなど、グループでの食事の席で、自分の器の色が分かるので本当に便利です。
深さがしっかりあるので、シチュー、鍋の取り皿、サラダ、煮物、ごはんものなど、気づいたらこればっかり使っていたというほど便利なサイズです。

忘草色(わすれぐさ)、紅掛空色(べにかえけそら)、赤紅色(あかべに)、黄蘗色(きはだ)、柴色(ふし)、水柿色(みずがき)、紫鳶色(むらさきとび)、一重梅色(ひとえうめ)、白藍色(しらあい)、裏柳色(うらやなぎ)、海松色(みる)

価格 ¥24200(税込)